銀行カードローンと消費者金融キャッシングとの大きな違いを解説

これまでカードローンを取り扱うのは業者といえば一般的に消費者金融であった。しかし、過払い請求などによる債務整理が社会的に大きな問題となったことで大手都市銀行や地方銀行、信用金庫といった金融機関自らが、キャッシングサービス(カードローン)をおこなうようになってきたのです。

大手銀行の得意先であった消費者金融はこの問題でかなりスリム化されたのが現状のようです。カードローンを借りるお客を探す手段としてインターネットの活用が盛んにおこなわれています。

そこにも金融庁の規制が入り、適切な文言の表記を指導しています。当たり前のことを最近になってようやく開始したかたちということです。

スリム化された銀行系カードローン各社は競争が激化しているようです。三井住友銀行グループのプロミスや三菱UFJフィナンシャルグループのモビットは大健闘しています。レイクは新生銀行のカードローンになりましたので信頼も急回復してきています。また、テレビCMで見ない日はないくらい広告にお金をかけているアコムも借りる人の心理を解明して上手く顧客として取り込んでいるようです。

外国為替証拠金取引(FX)は外貨建て特有のリスクが常に伴う

証券会社の存続が危ぶまれている中でFX(外国為替証拠金取引)を取り扱う業者だけはかなり業績を伸ばしているようだ。世界的な経済の低迷で株価が下がってきている中で次の投資資金は現物資産や為替などに向かっているとのことです。

取引所FXは、スワップ金利やスプレッド手数料が明確であることから多くのトレーダーから支持を集めています。証券会社『くりっく365』のような金融商品をもっと開発しなければこの先の成長が懸念されます。

為替相場は日本の景気を大きく作用することになりますので元本保証が約束されている手堅い定期預金ばかりに執着するのではなく外国為替(外為)証拠金取引を学んで積極的にグローバルな投資にヘッジしていかないとこの先の明るい未来はこないだろう。

SITE MENU

Copyright (C) 2006 金融業界を学ぶ. All Rights Reserved.